病的な「わき汗」に対する治療を始めました

緊張などで、異常に「脇の下に汗をかく」方がおられます。症状が強く、日常生活に支障を来すようなケースでは、外用薬による治療が出来るようになりました。当院ではシートタイプの「ラピフォート・ワイプ」を使用しています。ただし、疾患ではない場合は処方はできません。また、新薬ですので長期処方は行えませんので、ご了承下さい。

小児のB型肝炎の予防接種につきまして

小児のB型肝炎のワクチンは、現在ビームゲンの流通状況が悪くなっております。1~2回目をビームゲンで接種して、3回目をヘプタバックスIIで接種しても大丈夫とは言われておりますが、原則として「同じワクチンを3回打つことが望ましい」とされています。現時点では、ビームゲンでの接種は困難ですので、ご希望の方は他院に問い合わせを行ってみて下さい。

コロナウイルスワクチン予防接種の受付けについて

当院での新型コロナウイスワクチン予防接種は、接種希望数の激減により「新規受付は休止」させて頂いております。また小児のワクチン接種につきましても「ネット予約でも枠が埋まらない」という状況なので、枠そのものを中止とさせて頂いております。まだ空いているところ、キャンセルによる空きの分は、ネット予約分のみ、ご予約頂けます。

4回目ですが、準備の為に「当院では7月から」となっております。それ以前には接種は一切出来ません。

日本脳炎の予防接種につきまして

日本脳炎のワクチンが流通しはじめております。当院にも入荷はしておりますが、いくつかの注意点があります。

  • 接種出来る年齢がオーバーしてしまっている方がいる
  • 新型コロナウイルスワクチン接種は、前後2週間「他のワクチン接種が出来ない」点に注意が必要

当院では安全に接種を行うために、接種出来る時間帯を制限しております。予めご了承下さい。

小児(5-11歳)のコロナウイスルワクチン接種につきまして

当院での小児(5-11歳)のコロナウイルス予防接種は、当初予定よりも大幅に数を減らしております。

  • さいたま市がインターネットに情報をアップロードしわすれた為、予約開始が大幅に遅れたこと
  • 予防接種そのものの希望が少ないため

小児から高齢者への感染が少なくは無い現状では、接種はお勧めしたいところではありますが、

インターネットなどの情報に左右されている部分も多いようです。

当院で行った小児のワクチンでは、今のところ、大きな副反応の報告は無い事を申し添えます。